ブログ

11/10天下の奇祭「尻つみまつり」in伊東市

siritsumi02-s

源頼朝と八重姫が逢瀬を楽しんだと言われる音無神社で行われる「尻つみまつり」が11/10(火)におこなわれます。

神事を真っ暗な社殿の中で行い、お神酒を回すのに、隣の人のお尻をつまんで合図したことから、「尻つみまつり」と言われたそうです。

音無神社境内では、お囃子のリズムにのってお尻をぶつけ合うユーモラスな尻相撲大会が行われます。

siritsumi01-s

ちなみに会場の音無神社は、

『曽我物語』によれば、平治の乱後、伊豆国の蛭ヶ小島に流された源頼朝は、一時、伊東の北の小御所で暮らしていたという。

その時に出逢ったのが伊東祐親の娘八重姫。

愛し合う二人が密かに会っていた場所がこの神社のある「おとなしの森」だったと伝えられ、対岸の「ひぐらしの森」は、頼朝が八重姫に会うため日暮れを待った所といわれている。

やがて二人の間には男子が生まれ、千鶴丸と名付けられたが、伊東祐親の怒りに触れて殺され、二人の仲も引き裂かれた。

 

伊豆柏屋はこのお祭りの副賞に名物「いでゆむし羊羹」を出品しております。

伊東市の活性化に少しでもお役に立ちたいと思います。

  • ■団体の部
    優勝20,000円
    準優勝15,000円
    第三位10,000円
    第四位10,000円
    各賞副賞あり
  • ■大人の部
    横綱賞15,000円
    大関賞10,000円
    関脇賞 5,000円
    小結賞 3,000円
    各賞副賞あり
  • ■子供の部 横綱賞・大関賞・関脇賞・小結賞の各賞に賞品を差し上げます。
  • 毎年11月10日 午後6時00分~午後9時00分
    JR伊東駅より徒歩20分程度、伊豆柏屋から徒歩10分程度

関連記事

ピックアップ

  1. otameshi10normal
  2. アンケート1月
  3. 集合写真

特集記事

  1. ideyumusi-image

    蒸し羊羹と煉り羊羹の違いはご存知ですか

    伊豆柏屋は創業80余年、蒸し羊羹を中心に販売しています。
  2. tabekata1

    蒸羊羹のいでゆむし羊羹をより美味しくいただく方法

    伊豆柏屋のいでゆむし羊羹は、竹皮に包まれております。
  3. thx2015

    お客様から頂いたご質問をご紹介

    2015年も本日残すところ数時間となりました。EC担当の鈴木です。

ブログランキング

ページ上部へ戻る