ブログ

当サイトにお越しのお客様の傾向は意外でした

キャプチャ

表題の通り、当サイトにアクセスされているデータは意外でした。

圧倒的に多いのは”東京にお住まいの35歳から44歳の男性”という結果になっています。
男性が多いことに驚いているEC担当の鈴木です。

もちろん、データが取れている範囲で、その他の地域や年齢もバラバラなのですが、上記のタイプの訪問者が多いということです。

ただ、これもインターネット店での統計ですとまた違います。

やはり女性が多くなります。女性が7割弱です。

関東地方で4割、年齢はやはり同じように30代~40代は4割、50代60代が5割となります。

ですから、インターネット店では”関東地方にお住まいの50代~60代の女性”が多数を占めることになります。

公式サイトの統計

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

インターネット店の統計

キャプチャ5

キャプチャ6

キャプチャ7

 

興味を持っている男性が多い?

当サイトでも公式オンラインショップとして販売しておりますが、単純に情報だけを知りたい方の閲覧が多いと思います。

そうなりますと、データから興味のある方は男性も多いと読み取れます。

 

やはり10代~20代は興味なし

和菓子というのはどうしても若い方の興味が薄いジャンルです。和風の洋菓子であれば別ですが、いわゆる羊羹やお饅頭は好きだけど自分から買わないスイーツなのかも知れません。

コーヒーや紅茶にも羊羹は相性は良いと思いますので、若い方にも試して欲しいですね。

 

東京、静岡の次は近畿、関西

地域別で読み解きますと、東京、神奈川の関東圏が多く、地元静岡と同等です。その後に続くのが、なんと近畿地方や大阪なのです。

関西から離れると九州の方は見受けますが、他の地域はだいぶ少ないです。北も北海道はよくご注文もいただけますが、東北や北陸はだいぶ少ないです。

近畿・関西の方にもっと当店の魅力を発信していきたいと思います。

 

 

老若男女問わず、日本人として、和菓子はとても伝統的で美味しく、同じ和菓子でも幅が広く奥深いものと思います。ようかんというジャンルでも種類は様々です。

日本が見直されていますので、海外の方にも羊羹を召し上がっていただきたいです。

最後に、デバイス別はやはりスマートフォンです。最近はタブレットの方が減ってきました。

キャプチャ4

関連記事

ピックアップ

  1. otameshi10normal
  2. アンケート1月
  3. 集合写真

特集記事

  1. ideyumusi-image

    蒸し羊羹と煉り羊羹の違いはご存知ですか

    伊豆柏屋は創業80余年、蒸し羊羹を中心に販売しています。
  2. tabekata1

    蒸羊羹のいでゆむし羊羹をより美味しくいただく方法

    伊豆柏屋のいでゆむし羊羹は、竹皮に包まれております。
  3. thx2015

    お客様から頂いたご質問をご紹介

    2015年も本日残すところ数時間となりました。EC担当の鈴木です。

ブログランキング

ページ上部へ戻る